一人暮らしの 毎日を繋ぐ。

一人暮らしの不安・問題・日々の出来事のブログで、自分を励ましたい。

今日の出来事。

今日は、どんな日だったかな。


考えると 手が止まる。


仕事もした。
打ち合わせもした。
お客様にコーヒーも淹れた。
業者さんにも コーヒーをあげた。
人の依頼も2件受けた。
答えも 準備した。
自宅に 戻って
元の仲間の二人とラインもした。
一人は 親の介護と仕事の話。
もう一人は 元後輩の転職の話。
数年前の仕事仲間だった。
皆 離れ離れになった。


後輩の 紹介された 職場も
気が付いたら、形だけの連携だったと
嘆いていた。


息が詰まると云う。
酸素不足 風が通り抜けない職場。


立派な言葉が 空を舞う。
丁寧な言葉にも 心が見えない。


そんな中で 自分たちは生きていく。
明日は 休日なのに


心も 身体も からっぽの気がする。
何が 足りないのだろう。


独身の仲間が 職場の人達は
家庭の事 介護の悩み 子供の事 喜び 不満
世間話で花が咲く
そんな お昼休みが 苦手という。
「辛い時間」だと言う。


どんな 悩みや不満があろうと
「幸せに見えるんだ」と
 言葉を重ねる。
デリケートな男性である。


たわいのないおしゃべりが 苦痛になるんだと
驚いた。


自分は 娘と息子がいる。
高齢の母もいる。


それでも、自分は独りなのよ!
と伝える。


高齢の母様の お見舞いを毎週行くという共通点と
元職場の仲間であることで
分かり合える。と言ってくれる。


だが、お互いの 心は 覗き見れない。


また、明日ね。と今日も終わる。


また、明日に 繋げる 今日を終えた。
心の ゲージは 上がらない。
でも、
今日に 今に 感謝♬